MISSION デンソークリエイトの使命

さらなる進化に向け、常に最先端の技術に取り組み、自動車の未来を創る

事業推進部 部長 宮川英明

エンジンを動かしていた動力に電気が加わり、通信デバイスとの連携、各種センサー、画像認識、自動運転など、今や自動車は“電子機器の塊”といっても過言ではありません。しかし、自動車の電子機器化が進むほどにシステムは複雑になり、常に新しいものを求める市場ニーズに応えるために、開発により多くのコストや時間が掛かるようになってきたのも事実です。

そこで昨今の自動車業界では、基本となるシステムの“標準化”が進められています。パソコンで例えるならばWindowsやLinux、スマートフォンで言えばiOSやandoroidなどの様なOSを作っている様なもの。様々な標準ソフトのアーキテクチャを策定、確立することで、拡張性の高いソフト開発を行い、開発時間やコストの短縮などの、効率化を実現することが目的です。

デンソークリエイトの使命 イメージ

デンソークリエイトはデンソーグループの中でも、標準化をはじめとした様々な先進技術の開発に取り組んでいる会社です。具体的にはシステム開発以外にも、開発支援ツールやプロセス開発、人材教育といった“人・モノ・しくみ”づくりなど、その領域は多岐にわたります。当社の技術者によって開発・実証された技術やしくみを受けて、デンソーやそのグループ会社、ソフトウェア開発会社が、各種ソフトの開発を行います。デンソーグループのソフトウェア開発を牽引していく存在として先頭を走りながら、常に新しいチャレンジを行い、道のないところにロードマップを引いていくことが、デンソークリエイトに求められている使命です。

デンソークリエイトの使命 イメージ

標準化されたシステムをベースに、最近であればADAS(先進運転支援システム、自動ブレーキなど)やIVI(次世代車載情報通信システム、スマートドライブ)、自動運転(ソフトウェアによる認知・判断・操作)、情報セキュリティ、コックピット周りの情報表示など、様々なソフトウェア開発が行われていきます。また、現在の大きなミッションはシステムの標準化ですが、それ以外にも、もっと先の技術に着目した“先行開発”や、もっと大きな視野での開発を行う“改革推進”なども行っています。

page top