ホーム > 採用情報 > クリエイトのDNA > ある社員のSTEPUPステージ

採用情報

ある社員のSTEPUPステージ

今取り組んでいるのは「開発プロセスの改善」。現場がわかるからこそ、改善の重要性を実感しています。

事業推進センター シニアデスク 後藤

step1 入社して さまざまな仕事を駆け足で経験しました。

入社後、2年ほど開発支援ツールの開発を担当してから、イオタクリエイトへ異動しました。そこでは、自社開発したツールをパッケージ商品として販売しており、私は営業兼、ソフトウェアサポート・教育担当として、直接お客様と接する機会を持ちました。おかげで、開発者の視点だけでなく、ユーザの視点も持てるようになったと思いますね。
その後、お客様のところで立ち上がった「次世代カーナビゲーション」の企画プロジェクトに加わり、研究開発を経験。そして、いよいよカーナビゲーション製品の開発に携わることとなりました。そのプロジェクトでは、開発チームのリーダーとして、初めてプロジェクト管理の一部を担当しました。開発計画立案や進捗管理など、とにかく試行錯誤しながらやっていましたね。
step2 ターニングポイント エンジニアや会社にとって、最適の開発プロセスとは?

当時、社内には様々な開発基準が存在していましたが、拡大する業務規模に更新が追いつかなくなっており、一部は形骸化していました。実際に、プロジェクト管理などは個々の裁量に任されるところが多くなっていました。そのため、基準を見直し、企業として無駄のない基盤を再構築する必要性が高まり、社内に「プロセス改善」プロジェクトが立ち上がりました。私もそのプロジェクトに参加することになり、まずはプロジェクト管理プロセスから検討を始めました。プロジェクト管理者としての実務経験が少なかったため、当初は不安もありましたが、逆に固定観念なしで考えることができたので、良かったのかもしれません。

そこでは、プロジェクト管理の一般的な考え方について学ぶことができました。それまでは、1つのプロジェクトの視点で見ていただけでしたが、社内全体のプロジェクトを見渡す上級管理者の視点も意識できるようになりました。また、プロセス改善を進める際にポイントとなる、社員の意識改革の難しさも実感しました。このプロジェクトでの経験は、色々な意味で、私にとってのターニングポイントだったと思いますね。
step3 現在 開発プロセスの基盤強化を目指しています。

「プロセス改善」プロジェクトはまだ続いていますが、これまでに構築したプロセスを展開・浸透させるため、今は開発現場に戻っています。プロジェクト管理のプロセスを現場で実践するとともに、エンジニアリングのプロセスについても、現場の実態を考慮しながら効率化を図っています。また、プロセスだけでなく、どのようなカタチでアプリケーションをつくるのかという、技術的なアーキテクチャを検討するプロジェクトも進めています。こうして、現場でリアルタイムに見直し・改善を行なうことで、次第に「改善に対する意識」を高めていきたいですね。

また、全てを変えれば良いというわけではなく、今までの取り組みでも有益な結果が出ているものもあります。開発プロセス改善と、すでに築いてきた基盤の強化。それをどう実践し、社内外に展開していくかを、もっと検討する必要がありますね。
step4 今後の目標 血の通った開発プロセスだと実感できるまで。

今日、製品開発のグローバル化が進んでいます。私の業務でも中国やヨーロッパでの開発を始めており、私はプロセス管理や導入時の技術サポートとして、何度か現地に赴いています。しかし、文化や慣習等の違いもあるため、やはり日本と同じプロセスではマッチしない部分が多いですね。そのため、なかなか計画通りには進まず何度もミーティングを重ねています。これらを通して今まで以上にプロセス管理の難しさを感じています。

開発プロジェクトは、「エンジニア」という人間の、多様な個性が関わり合い進められます。これだけ時代が進化しても、ソフトウェアを創っているのは人であり、その管理を行なうのも人です。だからこそ「いかに人と人がコミュニケーションよく開発を進められるか」、がポイントになると考えています。まだまだ時間はかかるでしょうが、血の通ったプロセスだと実感できるレベルまで到達したい。苦労も多いですが、大変やりがいのある仕事だと思いますね。

上司からのコメント

改善はソフトウェア業界に限らず、どんな業種の仕事でも必要であり、企業の生命線と言える非常に重要なものです。そしてソフトウェア業界は世の中に出てきてまだ歴史が浅く、仕事の進め方は常に変化し、ゆえに改善が持つ意義がさらに増しています。
こうした中で改善を進めるためには、幅広い知識と経験に基づいた応用力が必要となります。最初は一つのプロジェクトから徐々に輪を広げていく事で、彼のこれまでの経歴は、まさに改善を推し進めるための基盤を構築してきたと言えるでしょう。また異文化の人々とも交流し、文化・風土や言葉の違いを乗り越えて仕事を成し遂げる事の難しさを身をもって体験してもらっています。今後ますます国際化するこの業界において、当社の発展を担う重要なメンバーとして、必ず大きな成果をあげてくれるものと期待しています。