会社情報

FAQ

採用に関するいくつかのご質問にお答えしております。

新卒の方向け

主な採用対象学科は?
プログラムやソフトウェア開発が好きな、情報・電子・計測・数学など理工系学科の方が対象です。
採用試験の内容は?
エントリーシート・面接・適性テスト・グループ討議・小論文などを行います。この中でも、最も大切にしているのは面接結果です。面接では「何をやりたいのか」「どんなソフト技術者になりたいのか」を重点的に確認しています。
学校推薦がありますか。
各学校の担当教官にご相談下さい。
新入社員研修について教えてください
新入社員研修は、2ヶ月間の集中導入研修と半年間の実務研修を行います。
入社後2ヶ月間の集中導入研修は、先輩達手作りの教材を元に、先輩達が講師になって行う実りのある内容です。例えば「コンピュータとソフトウェアの基礎知識」から始まり、「自動車を制御するソフトウェア」、「ソフトウェアドキュメンテーション入門」や「プログラムデバッグ技法」などです。集中導入研修後は、実際のプロジェクトでのOJTによる実務研修に入ります。その後は、プロジェクトの一員として期待され、実力より少し高めの仕事を担当していくことになります。
研修制度全体について教えてください。
研修は以下のとおり4つの面から実施しています。
・階層別教育
役割意識、リーダーシップ、部下指導など各階層毎に必要な能力を身に付けるための教育
・技術・業務教育
技術の進歩をキャッチアップするための教育、業務推進のリーダーとなるための教育、品質教育など。
・3C活動制度
情報技術は日々進歩しています。こうした環境の中で活躍し自己実現を図っていくには自ら学ぶ姿勢が大切です。
当社では、勤務時間の一定割合を自己啓発活動に使うことを奨励する3C活動を制度化して、自ら学ぶ意欲の高い主体的な社員をバックアップしています。
・資格取得奨励等
自己啓発で情報関係等の資格を取得した社員に対し受験料を援助しています。
また語学検定受験に対しても受験料を援助しています。
配属先はどのようにして決まるのですか?
まず会社として、新入社員の配属が必要となる部署を決定します。学生時代の専攻内容、適性、入社後2ヶ月の新入社員期間中の講師コメントなどを確認の上、総合的に判断し、配属先を決定します。
最も、配属後は、業務運営として動的チーム制をとっており、幅広くソフト技術分野を実践で習得してもらうことを基本方針としておりますので、固定した業務内容ではありません。

キャリアの方向け

採用応募に関して連絡の取り方は?
基本的に郵送か電子メール(idesk@dcinc.co.jp)にて、履歴書および職歴を採用担当宛お送りください。
採用選考について
面接試験・適性テストを行います。最も大切にしているのは面接結果です。面接では「何をやりたいのか」「どんなソフト技術者になりたいのか」を重点的に確認しています。
異業種からの転職は可能ですか?
可能です。
組み込み型プログラムやオブジェクト指向分析・設計等の経験と、チームでのソフトウェア開発経験が有る方を歓迎いたします。
配属先はどのようにして決まるのですか?
まず会社として、配属が必要となる部署を決定します。前勤務先での経験、適性などを確認の上、総合的に判断し、配属先を決定します。
入社後の研修?
入社直後に、半日間入社教育を行います。

共通

社宅や寮は入居できますか?
社宅や寮は保有しておりません。
その代わり、福利厚生制度として住宅付加手当制度を設け、住居費の一部を援助しております。
勤務時間制度について
就業時間は9:00~18:00(休憩1時間)となっております。
なお、当社では「創造性を発揮したより高い成果の実現」と「働きやすさ」を求め、フレックスタイム制度を設けています。
具体的には、私用等特別の事情がない限り10時までには大方出勤しているのが実態です。
女性スタッフの活躍を教えてください。
技術者の約1割が女性です。女性だから、男性だからということで仕事内容・待遇等に差はありません。全く平等に働いています。中間管理監督職として活躍している方もおります。
産前・産後、育児休職制度も設けており、結婚・出産後も勤務している方もおります。
休日・休暇について教えてください。
週休2日制で年間休日は121日です。長期連休はGW、夏季、年末年始でそれぞれ7日~10日程度です。
夏季連休日は、7月~9月の間で社員が選択可能です。
服装は?
基本的に私服です。 具体的にはビジネスマンとしての範囲内での自由な服装を社員は満喫しています。但し、お客様を訪問の際は、スーツ・ネクタイ着用の暗黙なルールがあります。
御社の社会貢献活動について教えてください。
当社は車のソフト開発を通じ、安全な車・快適で利便性の高い車・環境にやさしい車の実現を通じ社会貢献することを第一に考えています。
また、地域社会との関わりを大切に考え、中越地震・三岐豪雨・交通遺児の方達への寄付・献血活動等に会社と社員が一体となって取り組んでいます。